ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鬱ならば 
2006.01.07.Sat / 14:10 
寂しい?
どの程度で寂しいと言えるのさ?

欝だ?
自覚できるなら大したものだね?

生きてる価値が無い?
そんなに大それた人間なのかね?

踊れ踊れ悲嘆に暮れる琺瑯眼のコッペリア
ただ惜しむらくは其処が舞台ではない故に




なんかネガティブな考えばかりしてる人見るといつも思う。
シェークスピアの言葉をインスパイアすれば、
「鬱を鬱と言えるなら、それは本当の鬱じゃない」って感じ。
言葉に言い表せる位どうとでも成れよ。

個性個性と叫ばれる時代。
周囲に影響され、自分は世界に於いて重要なものだと信じ、
信じて信じ、妄信するがゆえに自己を肥大化しすぎる。

そんな中身の伴わない状態で己を英雄化すれば、
後々現実とのギャップで凹むこと必至なのにね。




寂しいが何だ?
自分を愛せ。ひたすらに。

鬱が何だ?
相談相手は他人じゃない。自分だバカが。

生きる価値が何だ?
理由という保証書が無ければ安心すら出来ないのか。




ま、こんなコトいつも思ってるワケですが言いませんよ?
僕用の考えですしね。
コレは僕の今最新の解答。世間の模範解答じゃないですから。


いい加減なプライドなら灰になれば良いよ(スクライドOPインスパイア)
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト鬱ならばのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雪都

Author:雪都
name:雪都
age:20
sex:♂
condition:神様、ゲームを最後まで続ける力をください

messenger☆
heart_to_heart_symphony
@hotmail.com

mixi☆
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=1880641

カウンター

ペット

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

doumei


CopyRight 2006 君と私のクロニクル All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。