ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あーあ… 
2006.11.14.Tue / 01:59 
今朝、スゴイ良い論題を思いついたんだけど、
二度寝したら忘れちゃったよ。

なんだったかなぁ…
まぁ、思い出せないならどうでも良い話なんだろ。

あれ?



最近、覇道を最初から書き直していたりします。
微妙に名前の漢字が変わったり、髪形が変わったりしていますが、
性格は大体一緒です。

でもあれなんだよなー
今、体育祭シーズン………をちょっと逃してるね
前から考えてたそのネタが、結構積んであったりするんだよなぁ。
覇道の体育祭、略して覇道祭。(略す意味はない)
あー、やりたいなー

よし、いきなりここでゲストの登場です。

ボク「なー、体育祭やろうぜ」
舞鬼「ん? やるわよ?」
ボク「やっぱあるんだ? で、興味本位で聞くけどどんな競技あるのさ?」
舞鬼「騎馬戦とか棒倒しとか…」
ボク「なんだ割と普通だね」
舞鬼「NO!NO!NO!」
ボク「も、もしかしてオラオラですかーッ!? …じゃなくて何がNOなの?」
舞鬼「あたしがこんな一大イベント逃すと思う!?」
ボク「あー…」
舞鬼「まず騎馬戦は本物の馬を使うわ。このためにディープインパクトの子種を買ったんだからっ!」
ボク「間に合うの?」
舞鬼「既に三歳馬が居るわ。クケケケケ」
ボク「じゃあ、棒倒しは…」
舞鬼「まず、クラス毎に陣を取ってね?」
ボク「………」
舞鬼「それぞれ相手の本丸に立てられた軍旗を兵を率いて破壊するわけ。もちろんノールール。簡単でしょ?」
ボク「なにその三国志」
舞鬼「むふふー。あっ、ほかにもねー―――」
ボク「ストップ!とりあえず後は本編で語りましょうか」
舞鬼「出し惜しみするほどじゃないけど…ま、いいわ」



と言うわけです。
むぅ、リメイクは放っておいて、こっち先に書いちゃおうかなぁ…(ひぃ
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイトあーあ…のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雪都

Author:雪都
name:雪都
age:20
sex:♂
condition:神様、ゲームを最後まで続ける力をください

messenger☆
heart_to_heart_symphony
@hotmail.com

mixi☆
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=1880641

カウンター

ペット

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

doumei


CopyRight 2006 君と私のクロニクル All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。