ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
君と私のクロニクル 
2006.09.17.Sun / 03:40 
最近、小説家の真似事をしてきたが限界を感じてきた。

小説を書くことに享楽を感じ始めたのが約半年前。
練習と称し、駄文を書き連ねていたが、今思うと実に滑稽だ。
見直してみると目を覆いたくなる衝動に駆られる。

正直に言おう。
僕は小説を書くのが好きだ。

では、果してこのまま徒然のまま書き連ねていて良いのだろうか?
答えはNO。停滞する水は何れ腐るように、だ。

僕は高みを見たい。今以上の景色を見たい。
ならば、勉強あるのみ。

今此処に宣言する。
暫くは、小説は書かずに読むことに徹すると!
技術は盗むに限る。


<ここまで挨拶>


ということで、暫くは小説のアイデアを煮込みます。
ぐつぐつにゃーにゃーなのです。

さて、バイトの給料が入ったので手当たり次第に本を買ってみた。
何を買ったかと言うと、

◆しにがみのバラッド。 <ハセガワケイスケ>
◆学校を出よう! <谷川流>
◆デュラララ!! <成田良悟>
◆撲殺天使ドクロちゃん8 <おかゆまさき>

ドクロちゃん以外は新しく手を出してみたライトノベル。
どれも良作と言われるものを揃えてみた。
我慢できずに全部一章だけ読んでみたのだが、
『学校へ出よう』はかなり読みやすいし面白かったりする。
なんせ『涼宮ハルヒの憂鬱』の作者ですからね。

他もつまらなくはないですが、まだ序章。
全て読んでからレビューは書いてみるかな。



これからは日記ブログに戻ります。
もともとタイトルの【君と私のクロニクル】は日々思ったことを書き記し、
自分の精神成長の過程を観察するための、所謂、日記メインを意味する名でしたからね。
あるべき姿に回帰したというわけで。

小説はいずれ、また。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
スポンサーサイト君と私のクロニクルのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

雪都

Author:雪都
name:雪都
age:20
sex:♂
condition:神様、ゲームを最後まで続ける力をください

messenger☆
heart_to_heart_symphony
@hotmail.com

mixi☆
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=1880641

カウンター

ペット

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

doumei


CopyRight 2006 君と私のクロニクル All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。